共謀罪 暗黒社会 再来か?2017年03月27日 19:28

信毎の社説が警笛をならしています。
広範な犯罪について共謀したことを処罰の対象とする「共謀罪」法案を、現政府が国会に提出した。行為を罰する刑法の基本原則から逸脱し、内心の動きをも処罰の対象に一気に拡大しようとする、極めて危うさが懸念される法案提出である。
過去に三度も国会で廃案になった法案の焼き直しである。今回は「テロ等準備罪」と呼び名を変え、東京五輪開催をタテにとってのゴリ押しで、行為を罰する刑法の基本原則から逸脱し、処罰の枠組みを一挙に押し広げようとの企みであり、 戦前の「治安維持法」で広く人々の思想や言論弾圧で、戦争~敗戦へと流れて行った歴史の再来を、強く懸念するものといえる。
戦争関連法、緊急事態条項、核兵器廃絶不参加、核兵器に結びつきそうな原発の引きずり、そしてこの共謀罪法案...今の安倍政権は何がなんでも、憲法9条を改悪し、戦争をする国へと..進めているとしか思えない。...いや、安倍首相はそう豪語している。 
今が、70年戦争をしなかった国日本の、戦争をする国への転換期といえるだろう。 今こそ日本国民はよく考え行動を起こすべき。
先ずは衆議院選挙から、憲法九条を変えない候補者を選ぶことから始めよう。

暴走を 世論調査が 歯止めをし2017年03月11日 18:45

アベシンゾウ記念小学校..問題で揺れる「森友土地売却問題」...
テレビ報道にもあったように、幼稚園幼児に「教育勅語を暗唱」させたり「軍歌に振付をした遊戯で行進?」させたり...と、観ていて背筋が寒くなりました。
国民学校一年生時代に竹槍訓練をした記憶がよみがえり、それこそ身震いが出たほどです。 戦時中の軍政府の恐怖の洗脳教育に他ありません。
孫には断固こんな経験をさせたくありません。
安倍政権はやはり危ない政府と言わねばなりません。
(こんな事書いていると、特定秘密保護法や国民保護法や共謀罪法(戦時中の治安維持法?)などで当局に引っ張られるかもね?)
その時は差し入れなどよろしく。

信毎記事のように共同通信の全国電話調査によると、森友土地問題は不適切86%だそうです。当然です。 
ついでに、共謀罪構成要件を少々変えた「組織犯罪処罰法改正案」についての世論調査では、反対が45・5%で賛成42・6%を上回り、1月の調査とは賛否が逆転したそうです。戦時の軍事暗黒社会に戻してはなりません。  学習し目を覚ましましょう。

スーダンの 自衛隊員 無事帰還2017年03月11日 18:11

この日、BIGニュースが報道を賑わしました。
南スーダンから自衛隊が撤退した...との報道です。
戦闘を衝突と言いくるめ...、隊員の戦死も時間の問題...と思っていたのですが、 やっぱり、さすがに戦死者出ようものなら、国民の世論が恐い?と思ったのか...森友問題の追及の目くらまし?...なのか...、情勢悪化後の官邸密室でデコを突き合わせていた..と推測です。
いずれにしても、やれやれです。一先ず戦争へのきっかけともなりかねない事態が避けられたのですから..。
今後のPKO派遣も5原則をしっかりチェックしていきましょう。
(信毎新聞から)

のど元を 過ぎても..原発許すまじ2017年03月11日 17:04

信毎の社説は語ります...。田作もそう想います..。

福島第一原発の未曾有の死者・避難者を出した大事故から、6年が経ちました。 避難者はまだ約8万人も、故郷に帰れないでいるということです。 
汚染された土地の除染すら出来ず、汚染土袋があちこち山積されているようです。
事故処理も見通せず、処理費の増額のみが、2倍にあたる21兆円に跳ね上がると...発表されています。
原発の「安全神話」や「低コスト神話」は確実に崩れました。
にもかかわらず...、
原子力規制委員会の新規性基準とやらで、原発の再稼働が始まっています。
懲りない面々...、6年前の大災害の教訓はいったいどうなっているのでしょうか? 
東日本全域が生物の住めない危機となる事を、関係者も一時は覚悟をした..と、事後報告もあったような、.原発の災害危機....。
国民一人ひとりが意志をしっかり再考すべき時かと想います。

小学生 平和な世界を 創りたい2016年12月02日 19:52

今時の小学生がどんな事を考えているのか?
・・・来年4月に東京で開く「こども新聞サミット」なるものの実行委員会が、全国の小学生に呼びかけた「サミットのテーマ募集」に、長野県では約30名のアイデア応募があり、その概要が、信毎こども新聞欄に紹介されました。
テーマ案は「今から10年後、皆さんが大人になったときに、どんな世の中になったらいいと思いますか?」との問いかけです。

いろんな想像案がちりばめられていましたが、印象深く感じたのは、30意見中30%の9件が、戦争のない社会・平和な社会を望んでいることでした。 
捨てたものでもない、昨今の戦争への足音を、彼ら多くの小学生たちが、危惧し、憂いている...ではないか! 頼むで若者、爺ちゃんらも頑張るからな...思わずエールを送りたくなりました。 孫にも伝えなきゃ。