突然に! 間欠泉が 噴き上がり2018年06月02日 22:30

わが白馬村の温泉で、すごいサプライズに遭遇しました。

本日夏の終わりコンサート歓迎用の、花鉢植栽の勤労奉仕を終え、田作が愛好する「倉下温泉」に行った時の事、・・・温泉湧き出し小屋の屋根ガス抜き口から、・・何と、約15m程もの、温泉が噴き上げているではあっりませんか!!
なんじゃこりゃ!? 別府おんせんか?どこかで見た「間欠泉」とかいうもの..?.。2~3分毎に、15mも温泉が屋根の煙突?から噴き上がっているのです。
源泉管理の人に聞いてみました。3日程前の震度3地震から、湯の噴出量が多くなって、今まさにこんな風になっているんだと..。

そういえば、2~3年前の神城断層大地震(震度6)の時にも、この倉下温泉の湯は約半年間出なくなり、大困りの状態がありました。..が、
今回のこの事態は...どうなる事でしょう?

お湯の温度も、大震災以降30℃程にまで下がっていたものが、突然45℃の高温湯となっているのです。
急遽設備した、冬間や夜間の補完的な沸かし設備も、今は不要であるとか、いったいどうなっているのでしょうか?。

田作なりに考えました。この間欠泉状態が続くのであれば、これは白馬の温泉に一大名所が出来たのでは...天からの..いや地下からのでっかいプレゼントではないかと!  ビックリから嬉しさがこみ上げてきました。 将に大ニュースなのです。どうしよう..どうしよう..。

間欠泉 月まで飛ばせ 突き上げろ!2018年06月02日 23:20

ところがです..。
管理人氏の決定は、小屋の保全上、噴出口に蓋をするという事でした。 間欠泉の合間をぬって蓋を掛け、次の間欠まで、人が蓋の上に乗って、待っているではありませんか。
何と危険なことを! デカい噴出が来たら、宇宙ロケットよろしく..月まで吹っ飛びかねない...田作は思わず叫びたくなりました...「うまく軌道にのれよ~!」と??
なんという喜劇でしょう...間欠泉の噴出が見られなくなったので、ガッカリです。 
...温泉に浸かる事にしました。

一段と グレードアップの お湯となり2018年06月02日 23:40

あんなに凄い勢いで噴出していたのに、湯船は静かなものでした。
田作ひとりの独占湯ですから..当然ですが...。
お湯は満々と、白馬連山や五月晴れ(6月か)の白い雲を写し、湯温も色も香りも...申し分のない温泉コンでションです。
また、一段と「倉下の湯」のグレードがUPしました。 みなさんもどうぞ浸りにきてくださ~い。

浸りの日 お湯にビールに 握り飯2018年06月02日 23:55

間欠泉の興奮と新湯の魅力をたっぷり味わい、午前風呂贅沢の余韻に浸りながら、コンビニでアメリカビールと握りめしを調達して、小屋にてキュー..と仕上げです。
面白い握り飯がありました。東京の深川めしの握り飯、アサリたっぷりの炊き込み飯、...現役時代、新幹線でビールのお供にした(深川弁当」そのものです。 思い出にも浸りました。今日は浸ってばかりです。

ど田舎に 天使の歌声 きてくれた2018年06月03日 00:12

浸りの日、午後から、ウイーン少年合唱団の天使の歌声に浸りに行きました。 大町文化会館、白馬の隣町、こんなど田舎にも、世界の芸術が来てくれるのです。大阪で鑑賞経験があるので二度目ですが、もう昔の事、婆さんと勇んで出かけました。